2017新潟/白馬大作戦(8/17の19)2018年01月20日 08時32分49秒

展望台もぼろぼろ。
足元には要注意である。

考えてみれば、昨日の米山も登山開始が今日と同じ10:45過ぎで、山頂到着が13時過ぎだった。
でもつらさは米山の方がずっと上。まあ、標高差が全然違うんだけど、景色の変化の多彩さも疲れに影響すると思う。距離はこちらの方が長いと思うけどそれほどつらく感じないのは心理的効果が大きいかと。米山は山頂の景色は素晴らしいけど、それまでがね。

お昼はホテルの朝食にあったパン。
朝食時はいつもおかゆだけにするかパンも食べるか迷うのだけど、このようにお昼にいただくというのがどちらもいただけて良いかと。ここのパンは美味しいからね。今日も泊まるということでわがまま言ったかも。

そうそう、雨はもう降ってない。

この時期の展望台の周りは花があまり無く、このノリウツギだけが咲いている。

これはナナカマドの実だと思う。
ナナカマドは紅葉が早いけど、今年はまだ色づいてない。

クロマメノキかな?これはすでに色づき始めている。

周りにいた昆虫。
この蝶は私が到着したときから出発するまでずっとこの場所にいた。ちょっと羽がいたんでるけど大丈夫かな?

トンボ。このあたりの昆虫は人が近づいてもあまり逃げない。

これはカミキリムシに似てるけど多分アブの一種。

展望台だけど、景色は全く見えない。視界50mもないだろう。腫れているとこの先に雪渓が見えるのだけどね。
ということで、20分ほど休憩して出発。13:18。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の18)2018年01月19日 08時27分39秒

ギンリョウソウ。
とにかく今回は数が多い。特に展望台からの帰りに多かったのだけど、それはもうちょっと後で。

シラネニンジン。

というところで展望湿原に到着。12:47。
入り口入ってから2時間。
おなかすいてるけど、あと少し、展望台まで我慢する。

晴れていればここから山並みが「展望」出来るのだけど、今は全く見えない。
ここで山並みが見えたことはほとんど無い。

そういえば、今年園内ではこういう物を所々で見かけた。
なんと園内のいくつかの場所でWiFi月帰るのだそうな。何もそこまでせんでも、と思うのだけど、時代なんだろうなぁ。ちなみに電源は太陽電池も併用している感じ。

アンテナはこれ。防犯カメラも付いてます。いや、ライブビュー用カメラか。

展望できないし、なにより何か下品なこと東京弁の大声でしゃべるくそやかましい家族が居るので早々に出発する。

ここから先しばらくは木道なのだけど、
所々壊れているので歩く際には要注意である。
入り口近くの木道は良く整備されているのだけど、このあたりは数年に一度整備されれば良い方なのだろう。立ち入り禁止区域もある。

このあたりから雨が降ってきた。
昨日も使ったレインコートを出す。しかし今日は傘は持ってきてないのでカメラはコートの中に隠す。

壊れていると言えば、私の登山靴。壊れているわけではないが、サイズが合わずつま先が非常に痛む。
理由は横幅が広すぎて足が滑って先に当たるため。なので、ぞうきん詰めて滑りを抑えて履いていた。これでなんとか保ったけど、今回持っていた靴で代わりになる物がないのでしかたなしである。また買って数回しか使ってないけど利用停止確定。来年までには新しいの買わなきゃ。ちゃんと店で試し履きもして買ったんだがなぁ。

木道は林の中を縫うように進む。

これも名前不明の花。

ミヤマアキノキリンソウ。

ということで展望台にやっと到着。12:57。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の17)2018年01月18日 07時39分57秒

同じ花が繰り返しになるけど、咲き方が変わってくるので。
オヤマリンドウ。花が増えてくる。

ゴゼンタチバナ。こちらも数が増えてきた。

名前不明の花。
栂池の植物図鑑見ても載ってないけど、八方のにはあったかも。あれば後日記載で。

カンチコウゾリナ。
タンポポに近い種類かと。キク科タンポポ属。

これも名前がわからない花。イチゴに似てる気はするけど複雑な形状してる。

ツルリンドウ。これはつぼみ。
こちらは開花したもの。
8~10月の花らしいので、区分的には秋の花。

モウセン池から展望湿原の間にある湿原?
花が多いときにはここにもヒオウギアヤメとかニッコウキスゲがあるけど、今はない。

ここにもタテヤマリンドウがたくさん咲いている。
今回数的に一番多かったのはこの花かも。見た目ではオニシモツケだと思うけど。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の16)2018年01月17日 22時56分42秒

アカモノの実。実の中でもこれははっきりと覚えている。
ちなみに、花は白くてスズランのような形らしい。

イワイチョウ。

モウセン池に到着。12:27。

ミヤマホタルイ。蛍の居そうな場所に咲くからこの名があるそうな。
花の形が稲に似てるけど、イネ科じゃないそうな。アップで見てね。
7~9月の花らしいけど、本によると秋の花に分類されてた。

オオイタドリ。

さらに雲が濃くなってきたような。大丈夫かなぁ。

1/14雪2018年01月16日 22時26分52秒

1/14(日)、京都は13日夜に降った雪が残っていた。そこで御苑に撮影に行った。

積雪は3センチくらいか。砂利の上まで積もるほどではなかったけど、芝や屋根の上はそこそこ残ってる。


木の枝に結構雪が付いていた。吹雪いていたのかも知れない。

白大文字も見られた。

雲が多い空だったのだけど、本の一時期雲間から日が射して白大文字が輝いた。
5分もなかったかな。

実はこの日は都道府県対抗女子駅伝の日でもあった。ヘリの飛ぶ音でそのことに気がついたのだけど、その写真はいずれまた機会があれば。今年は京都残念だったけどね。去年は大雪の中のレースで今年は雪景色の中のレースと、女子駅伝は雪なことが多い。今季は後何回雪が降るかな?

2017新潟/白馬大作戦(8/17の15)2018年01月15日 06時01分08秒

遠くにトリカブトが見える。
花開いているような。でもやっぱり少ない。

マルバダケブキに蝶。
モンシロチョウかな?

サラシナショウマ。
ここにもカミキリムシが。

花が開いたオヤマリンドウ。

入り口から1時間半。淡々と、粛々と歩き続けて銀命水に到着。
なんか写真撮るの忘れてたけど、浮島湿原(標高1920m)からさらに木道の坂道を登ったところにある。すでに12:15を回っている。

その名の通り、ここはおいしい水がある。湧き水じゃなくて川の水。
いや、ひょっとしたら、雪解け水が湧き出ているところかもしれない。夏でもかなり冷たいし。
ここで一休み・・・はしない。ちょっと水をいただくだけ。休むとこの先のまだ続く上りが辛くなるから。

ふと横を見ると何かの糞が。
結構大きいからオコジョやネズミのような小型動物じゃなくて大型の動物かも。人間・・・じゃなくて、熊?

更に登ってモウセン池の辺りにたくさん咲いていたオニシオガマ。

此処から先はラストスパート。展望湿原を経由して目的地、展望台へ向かう。
それにしてもきりというか雲が濃くなってきたなぁ。山並みは全く見えない。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の14)2018年01月14日 09時20分24秒

ということで、きのこ特集。撮影したの全部。

これはきくらげ系か。










白でつやつや。





ちょっとゲロゲロな感じ。

ということで、きのこも色々あった。

キノコ図鑑は一応持ってるけど、花と違って同定するのが難しい。これで食用と毒の区別なんて私には無理。ここでは採取したらだめだけどね。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の13)2018年01月13日 10時51分39秒

オオレイジンソウ。

イブキトラノオ。

何かの実。あぁ、「実図鑑」!

きのこ。
今年はきのこ多かったような。一部欠けているのは小動物が食べたからかも。

ギンリョウソウ。雄しべがあるの見たの初めてかも。
今年の栂池で一番気をつけていたのがこれ。過去一番多かった。それについてはあとでまとめて。

ミヤマアキノキリンソウ。

イブキトラノオに似てるけど葉っぱが違うような。
別の葉っぱの下から出てきてる?

イブキトラノオの花は成長するのかな?

オヤマリンドウの蕾。
オヤマリンドウは花が殆ど開かないからそれが蕾みたいにみえるけど、こちらが本物の蕾。

何かの実。あぁ「実図鑑」!!



縁起物食べ物あれこれ2018年01月12日 07時41分04秒

初詣。今年の正月は京都で3カ所、大阪で2カ所行った。多いようだけど、毎年のこと。

そのいくつかでは縁起物の振る舞いがあった。それを紹介。

これは上賀茂神社の大根煮。
500円。

ぜんざい(350円)もあるけど、毎年こちらをいただいてる。寒い中なので温まってありがたい。

同じ上賀茂神社でこちらはみたらし団子。
1本100円。

みたらし団子と言えば、歌「団子三兄弟」がヒットしたせいで1櫛3個と思っている人も多いかも知れないけど、実は4つが本来の数。
そして、ここ上賀茂神社のみたらし団子そこが元祖。境内を流れる御手洗川に浮かぶ泡から発想されたのがこの団子であり、だからこそ「御手洗団子」→「みたらし団子」である。
・・・
場所変わってこちらは下鴨神社の甘酒。
200円。
ボーイスカウトの少年たちが給仕をしている。結構濃厚、これも暖かくて温まる一品。

実は今年下鴨神社には2回行ってる。最初は元旦に行ったけど、余りの人出で社殿前には行けずこれだけいただいて帰った。3日にも行って、そのときはもうそれほどの人出ではなかったので参拝し、帰りにまたこれをいただいた。いや、何杯飲んでもおいしいと思う味だね、これは。

こちらは境内にある茶店の雑煮。店の名前は「さるや」だったかな?
700円。

清く正しい京風雑煮なので、白味噌仕立てで中には丸餅が1つ入っている。
この写真ではよくわからないと思うけど。
白味噌は甘めではあるけど、でもちゃんと塩気もある。とてもおいしい。

うちでも毎年雑煮は作る。鰹だしに大根と、今年はにんじんも入れたけど、味噌ではない。お餅は角のを別に焼いて後で入れる。実は関東風らしい。母親の作ってたのを見よう見まねで作ってる。生きている内に作る方を教わっとけば良かったねぇ。

この店ではこのほかにぜんざいなどもあったと思う。

御神酒はいただける神社、お寺はいくつかあるけど、境内で他の物をいただけるのは少ないかな。

ということで、いただきたい方は来年にチャレンジ。
多分元旦から3日くらいまではいただけるのではなかろうか。

実は京都では先の1/8にも泉涌寺泉山七福神巡りで9ヶ寺(7福神+番外2カ所)も行ったのだけど、そこでもいくつかのお寺で食べ物をいただいた。上記はお寺の物ではなく氏子とか青年会の奉仕だったけど、こちらはお寺そのもののだった。人が多くてちょっと良い写真がないので多分公開はしないけど、気になる人はどうぞ。七福神めぐりは毎年成人の日だけ。新成人の人は何やらいただけるよう。最寄り駅は京阪およびJRの東福寺。

初ぼたん鍋2018年01月11日 07時53分48秒

これがなんだかわかるだろうか。
牡丹の花、というかバラの花のようにも見えるこれが「ボタン」=イノシシの肉。
ということで、多分初めてぼたん鍋を食べた。名前も納得した。

野菜もたっぷり入れる。


イノシシ肉は煮れば煮るほど柔らかくなると言われたが、実際にはそんなに柔らかくなかった。さりとて豚とは違う風味と食感。
もちろん牛とは違っていて、独特。
なるほど、これがイノシシか、と思いつつ食べてた。おいしい?かな。

先日紹介の出町柳商店街の中にはイノシシ肉を扱っている店がある。ということは、自分の家で食べられないことはないのだけど、さすがに1人では食べようという気にはならない。

これは2017年の忘年会での一コマ。高校の同級生の。卒業してすでに30年以上。数年に一度泊まりがけで忘年会をする。今年は11月に1人欠けちゃって非常に残念だったけど、昔話で夜中まで盛り上がって楽しいひとときだった。

今回はみんなの写真をたくさん撮った。亡くなった友人の写真を持って行こうとしたのだけど、一番会う機会が多かった私ですら最も最近のが4年前のしかなかった。その前はもう10年以上前の物だけ。いつでも会えると思っていると意外と写真は撮ってないものなのだ。でもいつ何時どうなるかわからない。今回のことで痛感したので撮影しまくったのだ。これからは毎年、機会がある毎に撮ることだろう。送別のためではない。今回は高校の卒業アルバムも持っていったのだけど、それで盛り上がれた。何年かあとに、今日の写真で盛り上がれれば良い。そんなことも思う会だった。やっぱり年取ったなぁ。

行ったのは、大阪府は能勢町にある「能勢温泉」。
最寄りの駅は能勢電の山下駅で、そこから送迎バスも出てるけど結構遠いので行くのはちょっと大変。

でも天然温泉だし、なかなか良かった。露天風呂もあるよ。
1泊2食、3人部屋で1人14000円ちょっと(ぼたん鍋上コース)。安いのか高いのかはちょっとわからない。白馬のプチホテル志鷹さんが1泊2食で12000円しないことを考えたらちょっと高くは感じるけど、温泉地で年末とかだともっと高いこともあるらしいから、比較的良心的なんじゃないかな。

もともとはかんぽの宿だったのが廃業になって、それを民間が受け皿になって継続されているのだそうな。地元の就業先確保も考えて。

また行っても良いかな。

ところで、館内ではいろんな場所でテントウムシを見た。


テントウムシは成虫で越冬するけど、普通は木の葉の裏などに固まっていることが多い。それで寒さをしのいでいるのだけど、ここでは建物の中に入ってきて越冬しているみたい。ほとんど動かない。

階段のど真ん中にいて、哀れお星様になった子もいたので、行く人は出来れば足下にちょっと注意して欲しかったり。難しいけどね。

(C)おたくら編集局