Pioneer「KURO」2007年09月02日 17時20分23秒

帝国ホテルで食事した後、梅田のハービスで行われていたパイオニアの新プラズマTV「KURO」の展示会に行ってきた。
セミナーがあったり、実際の部屋を摸して作った場所があったり、飲料が無料だったり(^_^;)となかなかに気合いが入った展示であった。
肝心の画質であるが、黒の引き締まりはすばらしい。
黒側の粘りも十分ある。静止画での美しさも特筆すべきだろう。
ただ、近づいたときにドット単位でのちらつきとか開口率の低さに伴う格子がかなり見えるのが気になった。もっとも、42型以上のテレビを見るなら1m以上は離れるだろうか、そのくらいになれば気にならないのだが。
うちはMH700を買ったばっかりだから買うことはないが、少なくとも、これから買おうという人ならPanaのプラズマとかSHARPの液晶を買うよりずっと良い、と書いておこう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2007/09/02/1765241/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局