宵宵宵山;鯉山展示2009年07月31日 11時30分29秒

宵宵宵山;鯉山
鯉山の展示。

ちょっと変な画角だけど、中央に山の名前の由来でもある、左甚五郎作の「鯉」の木彫り、左上に「登竜門」の扁額、見送りはイリアッドという戯曲をモチーフにした物らしく、重要文化財。

宵宵宵山;鯉山2009年07月31日 11時36分12秒

宵宵宵山;鯉山
右側上に見えているのが鯉山の展示がある部分への入り口、その上にある「うだつ」。

提灯の文字って、変形されている場合が多いから、これをぱっと見せられて「鯉山」とは読めないかもしれない。なんでこういうふうにしてあるんだろうか。昔の人の遊び心?
(C)おたくら編集局