シャラモンさん2010年06月17日 12時17分12秒

シャラモンさん
先日行った、シャラモンさんの夕食のコースのメニュー(一部追加の品あり)。
左上から右下の順。

いつものごとく、どれも皆美味しかったのだけど、
特筆すべきは左下の「マンガリッツァ豚」。
ハンガリーの「食べられる国宝」と呼ばれる、種類らしい。

きめが細かく、豚と鶏のささみの中間のような肉質。
脂がものすごくとろける。
黙って出されたら豚とは判らないかも。

惜しむらくは、私が腰が痛すぎて味わうことに集中出来なかったこと。
こんな料理を前にもったいなさ過ぎる。
今度行くときまでには腰を完治させると誓ったのでありました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2010/06/17/5168512/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局