白馬2010;栂池-82010年11月05日 09時56分03秒

白馬2010;栂池-8
展望湿原からさらに登ったところから振り返った方向の写真。
ここから見ると「紅葉に囲まれている!」という感じがする。

ここから先しばらく視界が狭くなって、頂上に至る。
でも、この日はそこに着いたときは、一面の曇でほとんど何も
見えなかった。でもお昼を食べている間に・・・

それは次回。

コメント

_ いなかじまん ― 2010年11月05日 14時26分45秒

栂池は木々が主役で秋が、八方は山が主役で夏が見ごたえあり。
などと勝手に考えています(八方池から先は話が別ですが)
「夏は山。花のころはさらなり。~秋はもみじ、色彩の只中」なんてね
でもどちらも「夏も秋もあけぼの」ですね。

_ LeDA ― 2010年11月05日 21時48分03秒

そうですね。でもどちらも夏は花が多くてきれいでした。
種類数なら八方、でも量なら栂池ですか。
あの一面の「ニッコウキスゲ」は忘れられません。
とはいえ、8月中に行けたのはまだ1回だけなのですが。

これにくらべ、五竜;小遠見はまさしく「山」が主役でしょうか。
今の私には「きつ過ぎる」山道かも知れませんが(^_^;)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2010/11/05/5470976/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局