白馬2010;栂池-122010年11月09日 10時09分27秒

白馬2010;栂池-12
で、その強風時の写真。

空の中に見える小さな点は「レンズに付いたゴミ」ではない。
風に巻き上げられた木の葉である。

写真で見ると情緒にかけるのだけど、
実際には多くの葉が何度も舞い上がる様は、
寒いながらも美しくて見とれる風景なのでありました。

それは写真には撮れないねぇ。
ビデオ?いや、人の目はいろいろと補正をかけて見てるから、
現場で見るようには見えないんじゃないかなぁ。

コメント

_ いなかじまん ― 2010年11月09日 11時35分19秒

「あぁ、きれいだなぁ」と見えた風景がファインダーをのぞくと「???」となることがほとんどで困ります。
脳みそが都合よくにクローズアップや余分なものをカットしてくれるみたいです。
美化もしますね。 それがまちが・・・いや、なんでもないです。
来年は上まで行きたいなぁ

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2010/11/09/5485421/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局