うさふん on the snow2011年03月05日 10時17分37秒

うさふん on the snow
雪の上にある物体。
実はウサギの糞。

ウサギの糞はころころだが、実は「やりたて」の状態では暖かい。
なので、雪の上にすると、その暖かさで雪が溶けて、雪の穴の底に糞が存在する、と言うことになる。

これを初めて見たのは、今から35年も前のこと。
冬の新潟で山に入った折、何がぽつぽつと雪に穴があって底に何かあるからよく見ると、野ウサギの糞だったと。
野ウサギの方が大きいので、熱量も大きく、穴も深くなる。
今もう、その野ウサギがいるかどうかわからないが。

遠い記憶の片隅にあった現象が、また見られるとは。
しかも京都市内で。
長生きした甲斐があったというものだ(大げさ)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2011/03/05/5722528/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局