道ばたの花2011年06月01日 07時25分00秒

道ばたの花
道ばたで咲いていた花。

左はスミレの一種か。
右は蘭の一種?

まあ種類は何であれ、目をこらすと、いろんな場所にいろんな花が咲いているものである。

自然のありように気がつく感覚を身につけなければならない。

柏崎中央海岸2011年06月02日 08時53分24秒

柏崎中央海岸
柏崎中央海岸から東京電力柏崎原発を望む。

柏崎中央海岸に駅から歩いてきたのは初めて。
この日はあいにくの曇りだったが、晴れていれば佐渡が望める日もあるはず。

中央海岸は波がそれほどないけど、原発近くの大湊では波が高く、たくさんのサーファーが居た。そのあたりは、その筋では有名なサーフィンのメッカなのだ。

かつては「拉致」があったこの海岸。最近は湾岸警備隊が警戒してくれてはいるが、道路からは(右手に写っている)土手があるため死角になっている。夜中にはあまり行かない方が良いのかもしれない。夜の、月が写る日本海の美しさは格別ではあるのだけど。

閑散としたプール2011年06月03日 06時15分54秒

閑散としたプール
柏崎中央海岸のすぐ横にある室内プール。

ごらんと通りの状況。がらがら。貸し切り状態。

まあ、まだ泳ぎたいと思う季節ではないのかもしれないが、なんか「この地域、本当に人が住んでいるのか」と思うような感じさえした。

時間は十分あったので、水着を持ってれば、泳ぎたかったことよ。

柏崎駅の時刻表2011年06月04日 11時44分56秒

柏崎駅の時刻表
JR柏崎駅の時刻表。

右が信越本線、左が越後線。越後線は柏崎が起点なので吉田・新潟方面しかない。

まあ、田舎の駅はこんなもの。本線クラスでも1時間に1本しかなかったりする。

先の東柏崎は越後線の駅。こっちに至っては2~3時間に1本しかないから、都会のように駅に行ってひょいと乗るという感覚では使えない。
田舎では車は必須というのは、こういう事情もある。

越後線も昔は複線化しようかというほど人が乗っていることもあったのにね(田中角栄全盛期)。

不思議な虹2011年06月05日 10時18分34秒

不思議な虹
帰りの電車でふと外を見ると、不思議な光景に出くわした。

虹。それも雲の切れ間にちょこっとだけ見える虹。
コンパクトデジカメ、しかも走る電車の窓越しなのできれいに撮れなかったのは残念だが、何となく光の左側が色づいているのがわかるだろう。
アップより引いた方がわかるかもしれない。

この円弧からすると、普通の虹のように地上から半円状にかかるタイプではなく、太陽を中心に丸くかかっているようにも思える。

なんにしても、自然がわずかに見せる芸術に出会えることは、幸せである。

帰りの列車2011年06月06日 07時32分42秒

帰りの列車
帰りに乗った列車はこの2本。

上は北越号。柏崎から金沢まで。485系。JR西日本担当分。
下はサンダーバード。金沢発の分なので、旧雷鳥相当。

そういえば、今期やっている「花咲くいろは」というアニメ、あれ金沢近郊の話だよなぁ。前回の話で出てきた「町の駅」は金沢駅だと思うのだが。

久しぶりに湯涌温泉でも行ってみたいなぁ。

恍惚とひなたぼっこをするウサギ2011年06月07日 07時06分43秒

恍惚とひなたぼっこをするウサギ
恍惚とひなたぼっこをするウサギ。
梅雨の長雨の合間の太陽の光を十分に浴びようとしていた。

左に見えるのは、ウサギが幹をかじりすぎるので柵で囲った南天。

「ちょっとかじりすぎたから、こうされてしまったのだろうか」と反省している風にも見える。

ウサギの行動は愛らしい。

虎屋茶寮(1)2011年06月08日 10時15分40秒

虎屋茶寮(1)
先日NY支部長の奥方が京都に遊びに来られたので、虎屋茶寮で歓談。

そのとき私が頼んだのがこれ。

お茶は玉露だったと思う。
白い玉のような物は、白なすの形を模したおまんじゅう。

まずい和菓子は甘さがしつこいが、さすが虎屋、そんなことはまったくない。涼しげな甘さという所だろうか。

写真がぼけているのは、iPod touch4で撮影したから。これのカメラはかろうじて写るだけで、鑑賞する写真を撮るには向かない。だからこそ、防犯用途にどうかと思ってアプリを作ったんだけど、それは→横のメッセージを見てね。

虎屋茶寮(2)2011年06月09日 07時19分38秒

虎屋茶寮(2)
これがそのおまんじゅう、というか「和菓子」のアップと中身。

白あんにごまが混ぜてある。
味覚や触角を考えてあるのだろうし、なすとしての見目も似せてあるのだろう。老舗らしい、こだわりの逸品。

ちなみにこれ、季節限定品なので、今はもうないかもしれない。
限定品は多いので、それを楽しみに都度通うのもよかろう。

虎屋茶寮(3)2011年06月10日 07時52分52秒

虎屋茶寮(3)
一方こちらは、連れの人が頼んだ宇治金時。
抹茶のかき氷ですな。

普通サイズは1200円位なのだけど、これは半額の小サイズ。
それでもこれだけあるから、女性なら十分。
・・・のようです。

味は、ここのかき氷を食べたら、他のは食べられなくなるほどのおいしさ。
(C)おたくら編集局