ミツバチ2011年07月04日 10時56分39秒

ミツバチ
先の御苑の大きな花の下にはしろつめ草がたくさん咲いていた。

そこで見たミツバチ。

花の中にも、蜂を寄せやすい花とそう出ない花がある。
それは人間の鼻にわかる臭いとは関係ない。

蜂が多いのは、南天(クマンバチもよく来る)、ぽんぽん草(フウセンカズラ)、しろつめ草など。意外に朝顔は少ない。百合もほとんど来ない。

一説によると、蝶は紫外線領域で花を見ていて、よく見える花に集まるのだそうな。蜂も、そうなのか、もしくは人間とは違う臭気に惹かれるのだろう。

朝顔は、花が開くときに受粉できる機構を持っているそうで、虫に頼らなくても良いのだそうな。

「蜂が来ると怖い」と思うこともあるけど、スズメバチや足長蜂でない限り攻撃性は非常に低いので、見ているだけには問題ない。観察は自然を知る第一歩。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2011/07/04/5942341/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局