油天神山2011年08月02日 06時36分07秒

油天神山
油天神山。

名前の通り天神さんを祀っている、天神社や梅の花がある。

祇園祭は一応八坂神社の祭礼だけど、
宗教的意味、というか色合いは薄いので、見ていて窮屈なところはない。

京都市内の祭りは、葵祭、祇園祭、時代祭どれをとっても練り歩きが中心で、基本的には静かだ。そうでありながら、見目は豪華にと言うのが気質なのだろう。

公家が関わっているのは葵祭だけだけど、洛中全体にその意気が伝わっているのが面白い。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2011/08/02/6006265/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局