トンボ池;ベニヒダケ2011年08月23日 13時32分25秒

トンボ池;ベニヒダケ
キノコの一種。

今年の夏は(少なくともこの公開日までは)雨が少なかったので、
御苑内でもキノコの数が例年になく少なかったのだそうだ。

このキノコは無毒だったと思うけど、なんか最近非常に強い毒を持ったキノコが増えてきているそうで、「気をつけて」という話であった。

残念ながら名前は失念してしまったがとにかく真っ赤で、一見キノコっぽくない形(霊芝に似てる)、かつ木の切り株の周りに生えていたら要注意。

どのくらい強い毒かと言えば、普通は毒キノコでも食べなければ大丈夫だが、それは胞子が触れるだけで皮膚が腫れ上がり、わずかでもかじればあの世行きというほど。

最近ナラ枯れ等で木の切り株が増えているのがそのキノコも広まっている原因だとか。吉田山あたりではすでに発見の報告が上がっているらしいので、赤いキノコを見たら、絶対に近づかず、風上に廻ること。
(C)おたくら編集局