京都御苑2012;春の花2012年04月06日 07時52分45秒

京都御苑2012;春の花
まずは桃。
4/5現在満開。
御苑には白、紅、その中間の薄紅がある。
薄紅は別の写真で。

さらに御苑には梅、桃、桜が並んで咲く場所があるので
咲き比べを楽しむことが出来る。

それもまた「趣」。

京都御苑2012;爆弾低気圧のあと2012年04月07日 17時14分44秒

爆弾低気圧のあと
先日の「爆弾低気圧」による影響は、京都でもだいぶあった。

御苑内ではこのように多くの枝が折れて落ちていた。

けっこう大きな枝もあったので、その場にいたらけっこう危ない状況だったかも。

京都御苑2012;京都護衛署の桜2012年04月08日 14時58分08秒

京都護衛署の桜
皇宮警察は京都護衛署内にあるしだれ桜。

一足早くに満開状態。

しだれ具合が非常に見事。

ここは普通の人は真下までは入れないのでちょっと引いた位置から
全景を見るしかない。近寄れないのは残念ではあるが、その分
無粋な連中が映り込むこともないので、これはこれで良い。

ちょっとした穴場。

京都御苑2012;京都護衛署の木蓮2012年04月09日 16時14分26秒

京都護衛署の木蓮
同敷地内にある木蓮。
視線の高い位置にあるので気がつかない人も多いかも。

御苑の木蓮は2種類有って、白木蓮は比較的高い木
上の方に集中して花が咲く。
咲く時期はしだれ桜の開花とほぼ同じ。

そのため、上を見ながら歩いてないと気がつかない。
さらに咲いている場所が、ここの他には北側の桜や桃の木がある
場所の中にひっそり2本とか、知っている人しか気がつかないような場所が多い。

桜よりさらに花の時期が短いので、満開を見られたらラッキー。

紫木蓮は入り口の近くのなのでわかりやすいが、
開花時期はわずかに遅れる。山桜が満開の頃か。
白木蓮よりずっと花が少ないので時期も短い。
そちらが見られたらよりラッキー。

京都御苑2012;紫木蓮2012年04月10日 19時06分34秒

紫木蓮
これは違う場所に咲く紫の木蓮。
先の白木蓮よりかわかりやすい場所にある。
というか、たぶん普通の人はこちらしか気がつかないかも。

白のより1つ1つの花が大きいし花びらも厚い。
雨上がりならこのように、雨粒もはっきり見える。

こちらの方が花の咲く期間が短いので、咲きそろっているのを見るには
ちょいと根性、じゃなくて努力が必要。

京都御苑2012;御所の日の出2012年04月11日 18時06分07秒

御所の日の出
京都御所からの日の出。

正確にはその中ではなく横だけど。
東山から太陽が出てきた。
今の季節で6:10くらい。
だいぶ日の出も早くなってきて春を感じる。

当然のこととして、ファインダーをのぞいて撮影してはだめ。
液晶を見て調整できるデジカメだからこそ出来る技かも。

京都御苑2012;しだれ桜2012年04月12日 22時52分51秒

しだれ桜
京都御苑一番北にある3段のしだれ桜。


ただしこれは4/6現在の写真。
この時点で3分咲きくらいだったので、たぶん今日はもっと咲いているかとも。

今年は都合で友人との花見は出来ないかな。
明後日で良ければ出来るけど。

京都御苑2012;しだれ桜 4/5と4/132012年04月13日 18時39分04秒

しだれ桜 4/5と4/13
同じしだれ桜の先週と今日の様子の違い。

先週(上)は満開だったのに、今週(下)はほぼ散った状態。

京都御苑の中でも、この種類の白いしだれ桜は一番早く開花するので、
もうこんな状態ですが、他の種類は今が満開、もしくは八重のようにまだこれからの木もあります。

左横にわずかに見えているピンクのしだれ桜は先週はまだつぼみだったのに、今週は7分くらい。

明日明後日が花見には一番良いのかも・・・などと思ってたら、雨が降ってきた。残念。

京都御苑2012;近衛邸跡のしだれ桜2012年04月14日 22時18分33秒

近衛邸跡のしだれ桜
京都御苑の北の端にある、近衛邸跡のしだれ桜。

ここも先週に満開であった(今週はすでに散っていた)。
しだれ桜と書いているが、「糸桜」とも言うらしい。
よく見ると白とピンクが混ざっている。

ここの桜は半分が池(近衛池)にかかっている。
池面の方が地面より低いのでしだれ方がよりきれいである。

一説によると、太陽光が池面で反射して当たるため、
しだれ部分がよりきれいになるそうだ。
湖面に写る花も美しい。
欲を言えば、もうすこし池がきれいだとより映えるのだが。

京都御苑2012;近衛邸跡横のしだれ桜2012年04月15日 23時32分11秒

近衛邸跡横のしだれ桜
今度は近衛邸跡横のしだれ桜。
(というか、ここも近衛邸内。)

ここにはしだれ桜が固まって植えられており、
この時期非常に見事な情景を見せてくれる。

北に向かって右前側(写真では上)は濃い桃色。実はここには3本の古木があり、重なって咲くためこれだけ大きく見える。

左側(下)は淡いピンク。こちらも2本からなっている。

開花時期が微妙に異なっており、上が一昨日で、下が1週間前。
上の左側に少し見えているが、もう半分以上散っている。
余程気温変化が絶妙にならない限り、両方が同時に満開になることは
ないのだろう。そういう意味ではそれを仮想的に見せる「写真」は
現代の魔法かと。
(C)おたくら編集局