葵祭2012-42012年05月26日 21時58分05秒

牛車
で、その牛車。
「ぎゅうしゃ」ではない。「ぎっしゃ」と読む。

江戸時代の籠とかを見ると、現代人の体格ではかなり狭いだろうと思うけど、牛車のこのサイズなら、普通乗用車並みはあるから余裕かも知れない。

もっとも、中に椅子があるわけではないし、足回りも堅いから長時間乗るのは大変だろうけど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2012/05/26/6457807/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局