脱兎2012年06月12日 23時28分34秒

脱兎
「脱兎のごとく」とは「ウサギが逃げるように足早に逃げること」を言うのだと思う。

が、実際に「脱兎」を見たことがある人はそれほど多くはないと思う。
ウサギを飼っている人でも、それを逃がすことはそうそうないだろうから。

うちのウサギは最近「脱兎」する。
というか、扉を開けると、家の中に駆け込んでくる。
こんな感じ。

最近はけっこう奥の部屋まで入り込む。そして机の下とかに居るのでしばらく行方不明になることも。
上の写真のようにわかりやすい場所に居るのはまれ。

昔は家の中で飼ってたから、その頃のことを思い出すのかなぁ。

かわいいんだけど、ケーブルとか噛むことがあると困るのでほっておけない。だから追い出そうとするとまた「脱兎」すると。

おしりがラブリー(^_^)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2012/06/12/6477382/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局