とあるカメラ2013年01月06日 14時49分54秒

Lat式ミク
Lat式ミクちゃんの写真。
ではあるのだけど、本質はそこではない。
とあるカメラでの接写テスト。

残念ながらアップロード時に縮小と再圧縮を掛けざるを得なかったので
この写真ではわかりにくいが、ISO800でフラッシュなしの状態でも、
ぱっと見ではかなりきれいに写っている。

拡大して細部を見るとべた塗りのような部分があるが、このクラスのコンパクトデジカメでは致し方ない。しかし、輪郭の精細感はよく残されている。

同じ解像度であるはずのFinepix F100fdの写真と比べると、ほぼ同等だけど被写界深度はFinepixの方がやや浅い。色合いもほぼ同じだが、暗部のノイズはFinepixの方が多い。でも、暗い場所の写りはFinepixの方が上(黒の中にちゃんと物が写っている。
予想以上にFinepixががんばっているのを再認識。

まあ、細かいことはもう少し撮り比べしてから紹介。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/01/06/6683146/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局