CMOS2013年03月16日 13時49分01秒

CMOS
デジカメで使われているCMOS撮像素子。
これはそのもっとも初期の物で30万画素。

マクセルのWS30という機種に使われていた。
画質的にはトイカメラの範疇を出ないが、
単4電池1本で撮影できる、その低消費電力性には驚いた。
それが現在の様に一眼レフに使われるほどに改良されるとは、
当時は思えなかった。

このカメラは非常に単純な構造で、CMOSもメイン基板直付けで
配線も含めこのようにはっきり見える。
一番面積の広い黒い部分が受光部分。
その右側がたぶん一時バッファー、右上が制御回路と思われる。

この撮影には本用ルーペを使ってみた。
カメラのマクロだけでは、この倍率ではっきり写すことは出来なかった。
ルーペの利用は今回初めてだったが、なかなかきれいに写せるものだ。

本用ルーペも買ってから使う機会がなかったが、今後このような拡大撮影の必要があれば使うこととしよう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2022)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/03/16/6747686/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局