ナツツバキ2013年07月01日 08時15分19秒

ナツツバキ
これはナツツバキの花。

花の形が椿に似ているからそう呼ばれるようだけど、
木や葉っぱの形状は全く異なる。
だから、この木を探したとき「椿に似ている木」だと思って探したため見つけられなかったくらい。
木の幹はサルスベリそっくり。葉っぱはどちらにも似ていない。

花は確かによく似てる。大きさは椿より一回り小さいか。
つぼみはたくさんあるけど、低い位置で咲いているとは限らず、この日も高い位置が多かったので余計に見つけにくかった。

花は1日しか保たないらしい。
確かに木の根元にたくさんの花が落ちている。

別名は沙羅樹(シャラノキ)というらしく、平家物語の冒頭にある沙羅双樹はこの木のことではないかと言われるらしい。
本家沙羅双樹は日本では育たないから。
クレヨンしんちゃん映画「戦国大合戦」で春日城に植えられていて、花が落ちる描写があるのも、たぶんこれ。

そうそう、ある場所は、中立売御門前案内板の真後ろ。
花は見えないかも知れないから、根本に花が落ちている木が目印。

つぼみは多数付いてたので、まだしばらくは見られるかも。
(C)おたくら編集局