京の七夕(2)2013年08月09日 22時38分38秒

光の天の川を上から見るとこういう感じ。
図らずも丸太町まで歩かされたからこそ見えた光景。

堀川というのは、「川」とありながら数年前までは水が流れておらず、
名の通り堀のような、掘られた川のような地形が続いているだけだった。
そこに水を通したのがいつだったか。

その掘られた場所の脇、というか上には歩道があって、一部ちょっと歩きにくいが、少なくとも今出川から丸太町までは歩ける。

川を歩ききったら、バスやタクシーで帰るのではなく、そこを通って上から見るのも一興かと。


昨日も書いたとおり色合いは刻々と変わる。
流れている青いものについては明日にでも。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/08/09/6941859/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局