2013白馬・八方・栂池(16)2013年09月06日 06時53分33秒

キヌガサソウ(衣笠草)。
薄黄緑色した花のような部分は実は花びらではなく萼。花は白く細いものが萼の内側に生えるらしいが、もうすでに散っている。

モウセンゴケ(毛氈苔)。
食虫植物。こけと名前に入ってはいるが苔の一種ではない。
花も咲くらしいが、近くに見える小さな花はこれのではない。

チングルマ(稚児車)。
白く広がっているのは花ではなく、種に生えた毛らしい。
これも栂池や八方を代表する花らしいが、残念ながら花を見たことはまだない。
草のように見えるが、バラ科で、木なんだそうで。

風穴。
この辺りに近づくと気温が一段低くなっているのがわかる。
穴の中には、8月末でも雪が残っている。温度は4℃!

今日の人出はこんな感じ。平日の雨上がりなので少ない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/09/06/6972350/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局