2013白馬・八方・栂池(22)2013年09月12日 07時00分57秒

展望湿原から展望台までの間には木の間を抜ける木道がある。
こういうところの手入れには苦労があると思う。感謝。

このあたりは栂池自然園の中でも最も標高が高い場所なので、園内が一望出来る。

入り口方向にアップ。

そして展望台。
先の展望湿原まではかろうじて他の人も居たが、ここには居なかった。
雲が晴れていればここから大雪渓や山並みが見えるはずだが、ちょっと待っても全く雲が晴れる気配がなかった。

脇にはノリウツギの花が咲いていた。

ここの標高は2060m。そして時刻はこのとおり。

入り口までの距離は↓この通りで、普通なら1時間半はかかるらしい。
そして、最終のロープウエイは16:40。ということは「普通」では帰れなくなってしまう可能性すらあるわけだ。
果たして帰り着けるか!?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2022)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/09/12/6978767/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局