2013白馬・八方・栂池(27)2013年09月20日 06時49分11秒

確認編は重複もあるかもしれないので、あらかじめご容赦を。
アップした写真は(原本は別にあるので)廃棄している上に、
このブログシステム上、名前で検索とか出来ないので。

ウメバチソウ(梅鉢草)。
八方にはたくさんあるのだけど、栂池では少数派。
最初の頃(初めて八方へ行ったとき)はこれとチングルマを混同してました。

オオカメノキ(大亀の木)の実。

オタカラコウ(雄宝香)。写真左上と右下の花。
この川には、前は魚もいたのだけど、今年は姿が見えなかった。

カラマツソウ(唐松草):左の四角+シラネニンジン(白根人参);右の矢印。
たくさんの花の中に混じってた。拡大してみている内に気がついた。

オオバタケシマラン(大葉竹縞蘭)の実。
手前の棒は、何かの植物の幹だったと思うけど、角度的にどうしても入ってしまうので仕方なくである。自然にあるものを写すときは、近寄れない場合や良い角度がとれないこともあるので、仕方ない。
好み、見かけはおいしそうなんだけど、実際のところどうなんだろう?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/09/20/6987931/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局