2013白馬・八方・栂池(28)2013年09月21日 06時35分24秒

これはヒオウギアヤメのアップ。
町中でよく見かけるアヤメとは花の形が違う気がする。
最もアヤメや花菖蒲は種類が多いから、私が知らないだけかもしれないが。

サルオガセ(猿尾枷)。
木から垂れ下がる地衣類。菌類なので植物ではない。
ゴンドラの上の乗り場のすぐ脇の木に見られる。
空気がとてもきれいな場所でのみ生育し、空気中の水分に含まれる栄養素を取り込むのだそうで。

ちなみにこちらは京都府立植物園にあったサルオガセモドキ。
形状は似てるけど、こちらはれっきとした植物。

ということで、後はロープウエイに乗って・・・

ゴンドラに乗って・・・

無事、麓まで帰り着いたのでありました。
ちなみに料金は以下の通り。

麓には足湯もあるのだけど、これも17時までだったので、もう閉めると言うことで5分も入っていられなかった。でもそのわずかな間でも足の疲れがだいぶ抜けたのはさすが温泉。今度はもっとゆっくり来て、温泉にもゆっくり浸かりたい。
・・・などと、毎回思っているのだけど、何故か毎回ぎりぎりに(^_^;)

ということで、栂池編おしまい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2022)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/09/21/6988623/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局