2013白馬・八方・栂池(59)2013年10月30日 13時42分39秒

今回のシリーズで、花などの同定に使った本を紹介。
小谷村振興公社発行
この本が一番わかりやすかった。
他の本が色別だったのに対し、これだけは季節別で、また見分け方や実の写真もあったので。
1つの花に対して写真が複数枚載っているのも良い。
八方編も是非ほしいところ。

これは自然園の入り口で売っていた冊子。
見やすいけど、冊子なので、写真や種類が少ないのが残念。

石原敏行著
ネイチャーガイド104発行の2冊。
これも写真が少ないのが難点。
でも、小さいので、現地への持ち運びなんかには良いかも。

同著、同発行のもう1冊。
上の八方本の元になったかもしれない本。こちらの方が複数の写真や見分け方の情報があって詳しい。花以外の植物や虫や動物のこともちょっとだけ載っている。

いずれも、最新の版ではない(と思う)。

このほか、以下も使った。
・白馬観光開発株式会社 栂池営業所 「栂池自然園の花」CD-ROM
 多くの花は複数の写真があるので同定に役立つ。
 もう少し花の種類が多く、かつ色や季節での区分けが出来れば良かった。

・同社がゴンドラなどの乗り場で発行している、今ある花を撮した冊子
 だいたいの分類は出来るけど、写真が小さく見にくいので、細かい判別は出来ないのが難点。

http://www.tsugaike-kh.com/fllower_photo/index.html
 他の本などには載ってない花の情報もあって重宝した。

そのほか志鷹さんで見せてもらった本とかも参照している。

各位にはこの場を借りて感謝いたします。

・・・

白馬の写真はこれで終わりだけど、旅行としてのこのシリーズはもう少し続く。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/10/30/7027562/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局