とある栗2013年11月04日 11時08分59秒

先日(10月はじめ前)御苑で栗を拾った。

御苑にはとある場所に栗の木があり、季節には実が落ちるのだが、ほとんどはぺっちゃんこの実しか入っていない。ところがこれは珍しくまん丸に太った実であった。

こりゃ食べられるかなと思いつつも置いていると、なんと下からこんな物が出てきた。
写真ではこの程度だが、実はこのあと数日おいてると、さらに数倍の量が出てきた。

どうやら中に虫がいて、食べた栗のみを糞にして穴から排出しているようだ。
あるところで排出は止まったが、その後虫の姿は見ていない。
今もこの栗は手元にあるのだが、確認のため開いてみるべきかどうか。

悩みどころである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/11/04/7038080/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局