まちかどミュージアム(3)2013年11月12日 21時34分43秒

さて、セーラー服。
平安女学院は、日本で初めて女子高校で制服(服の統一)を作り、さらにのちに制服として、これも日本で初めてセーラー服を採用した学校なんだそうで。
右が初代で左が現在のブレザー(真ん中は夏服)。そう、現在はもうセーラー服ではない。残念?
セーラー服はその後全国に普及したわけだけど、ここのセーラー服は素材・縫製・デザインにおいて他のとはひと味違ったのだそうで。

そういえば、「平安女学院」の「平安」とは、京都だからではなく、聖書の中から取った言葉だそうで。でも京都らしい名前で良いかと。
同志社もキリスト教系の大学だし、京都には教会も多い。
一方で仏教の寺、もちろん神道の神社も多数あって、ある意味神仏混淆の日本らしいのかも。

閑話休題。
これが廊下。おそらく建築当時は縁側だったところ。
窓ガラスは裁判所長官邸として使うときにはめたらしいので。
このように、長官邸として使うために、いろんな場所が改造されている。棚とか暖房用ダクトとか。が、買い上げた後もあえてそのあたりは残してあるのだそうだ。建築当時の姿も良いけど、使われていたという証を残すのも意義あることなのである。

先の中庭を別の角度から。ガラス越しなので反射が見えるのは仕方ない。

建物の中で1つ特徴的なのはこの部分。
実はこの部分には下に見える柱が埋まっている。
うまく塗り込めることで隠し、広く見せているのだそうな。
今時、こんな良い仕事する職人はいない・・・かもしれない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/11/12/7052888/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局