まちかどミュージアム(7)2013年11月16日 10時56分57秒

庭の端にある茶室。
その横手にある、えのきの大木は昔の知事公舎の時代からある物らしい。

茶室の小間。いわゆる茶室としてよく知られた間。

こちらはその横にある広間。全然趣が違う。
外国人も多いので、立礼席(りゅうせいせき)形式になっている。

前にある門。「梅見門」(ばいけんもん)というらしい。
茶室の窓から見るこの門の様子には趣があるのだけど、それは次回。

(C)おたくら編集局