神農さん2013年11月22日 22時18分19秒

今日と明日は大阪道修町にある少彦名神社でお祭りがある。「神農祭」。

道修町近辺には江戸の昔から薬会社が多数あって、神農さんはそこに勧請された薬の神様(お二人)である。

この神農祭は結構盛大で、道修町通りには提灯などが飾られ、出店もたくさん出る。

昔はここに勤めてたので毎年行ってたが、滋賀に勤めるようになってからはとんとご無沙汰していた。で、今は淀屋橋にいるので、16~7年ぶりに行ってみた。

京都風に言うなら、御堂筋道修町東入ルにある大きな張り子の虎と提灯。ここから北浜通までの間に出店などが立ち並んでいる。

こんな感じ。同じ出店でも祇園祭とは雰囲気が違うような。なんか、全般的に安いような気がしたのだけど、大阪人の心意気だろうか?

そしてここが少彦名神社。参拝者でいっぱい。
並んで入って、ここまでだいぶかかった。
社殿はビルの谷間にあり、日頃はちょっとわかりにくいかもしれないが、この日ばかりはすぐわかる。

御輿とかは(たぶん)出ないけど、社殿では巫女さんが舞を踊ったりしていて、趣がある。中でお祓いを受けているのは、たぶんここいらの製薬会社のお偉いさん。

私は、「この悪い頭が治りますように」と。
いや、もう、本当にあきれかえるほどの馬鹿だから。
困ったもんよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/11/22/7066507/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局