人生初鍋?2013年11月10日 19時54分19秒

初鍋
夜に鍋を作る。人生初自作鍋かも。
そうでないとしても、記憶にないほど久しぶり。

鍋の素の都合上とか、勝手がわからなかったとか、大きい鍋がなかったとかで、半分を土鍋に、半分を普通鍋に作った。

具は適当。一応もやし鍋の素というのを使ったけど。

作ってみてわかったことは、「具は小さくなる」と言うこと。野菜もそうだけど、キノコ類や豆腐も縮んでる。椎茸なんて1/5くらいになってる。
鍋からあふれんばかりに入れたはずなのに出来上がったら、もう小さすぎてどこにあるかわからない位になっていた。

そうそう、ちくわは煮ている間は3~5倍くらいに膨らんでる。これはおもしろい。火を引くと普通の大きさに戻るけど。

これを考えると、小さな鍋では作りにくいことも判明。
実は一人用土鍋があるのだが、それで一から鍋を作るのは無理そう。出来上がったのを小分けして食べるに使うか、後の雑炊とかうどんすきを作るのに使うとか。

土鍋の方を半分くらい食べた。で、後はご飯を入れて雑炊に。
食べなかった普通鍋の方にはさらに倍ほど具を入れて明日以降へ。

これからの季節、鍋が出来ると暖まるし、日頃目思いっきり足りない野菜も大量に食べられるし(なので慢性的な便秘状態)、早く出来て・・・じゃなくて(最初は時間がかかる)、作り置きが出来ていいかも。

日曜日はこれで決まり?

まちかどミュージアム(2)2013年11月11日 21時00分42秒

これが、その庭。
古い庭かと思ったら、2009年に作られたとか。
底上げされたのはその際。
奥に見えるのが平安女学院高校の建物。

こちらが上段の間。いわゆる高貴な方がお座りになるところ。

横から見るとこんな感じ。
いろいろ聞いたのだけど、失念。
最近物忘れがひどくって。

中庭。
ある花の原種があるのだけど、忘れた。
だめじゃん。

まちかどミュージアム(3)2013年11月12日 21時34分43秒

さて、セーラー服。
平安女学院は、日本で初めて女子高校で制服(服の統一)を作り、さらにのちに制服として、これも日本で初めてセーラー服を採用した学校なんだそうで。
右が初代で左が現在のブレザー(真ん中は夏服)。そう、現在はもうセーラー服ではない。残念?
セーラー服はその後全国に普及したわけだけど、ここのセーラー服は素材・縫製・デザインにおいて他のとはひと味違ったのだそうで。

そういえば、「平安女学院」の「平安」とは、京都だからではなく、聖書の中から取った言葉だそうで。でも京都らしい名前で良いかと。
同志社もキリスト教系の大学だし、京都には教会も多い。
一方で仏教の寺、もちろん神道の神社も多数あって、ある意味神仏混淆の日本らしいのかも。

閑話休題。
これが廊下。おそらく建築当時は縁側だったところ。
窓ガラスは裁判所長官邸として使うときにはめたらしいので。
このように、長官邸として使うために、いろんな場所が改造されている。棚とか暖房用ダクトとか。が、買い上げた後もあえてそのあたりは残してあるのだそうだ。建築当時の姿も良いけど、使われていたという証を残すのも意義あることなのである。

先の中庭を別の角度から。ガラス越しなので反射が見えるのは仕方ない。

建物の中で1つ特徴的なのはこの部分。
実はこの部分には下に見える柱が埋まっている。
うまく塗り込めることで隠し、広く見せているのだそうな。
今時、こんな良い仕事する職人はいない・・・かもしれない。

まちかどミュージアム(4)2013年11月13日 20時10分33秒

玄関前にあるこれはしだれ桜。
この写真では2本の木とわかっちゃうけど、上だけ見ると枝が重なって1本に見える。このサクラは、太閤秀吉が第五で開いた宴に植えられたいわゆる「醍醐の桜」の孫なのだそうな。遺伝子的に確認されている。
今度の春には咲いているところを観てみたい。

その横にあるこの門。これは元々有栖館の門ではなく、三井のお屋敷の門を1952年に移築したらしい。名前は「青天門」。


この門も有栖館の館も国の登録有形文化財なのでありました。

ということで有栖館編おわり。

まちかどミュージアム(5)2013年11月14日 20時24分53秒

さて今度は、京都府公館(旧知事公舎)庭園。

実は最初これの場所がわからなかった。地図を見てもわからず前を行き過ぎてしまい、ぐるっと一周してようやくわかった。府民ホールアルティという建物の中に隠れているのである。

知事公舎は大正9年建築であったが、戦後はほとんど使われなくなって、昭和63年にそれを廃して府民ホールが建てられたらしい。

で、この際知事公舎の庭の一部を使って造園された日本庭園がここらしい。

実はこのあたりには先の有栖館の庭しかり、平安会館の庭しかりで、日本庭園がいくつかあることになる。平安会館は前から知っていたが有栖館とここは今回初めて知ったわけで、さすが京都だなあと、改めて思った次第。

狭いようで結構広い庭なので、超広角レンズでも1枚には収まらなかった。入り口から左手奥に向かって撮したのがこれ。

黄色い花の部分をアップにするとこんな感じ。
何の花だろう?


まちかどミュージアム(6)2013年11月15日 22時17分46秒

池を渡ってみる。
ぱっと見には狭く見えるんだけど、そこそこ広い。

ちょっと角度を変えてみると、こんな感じ。左奥に人が見えるけど、そのあたりが入り口。

上の写真の反対側はこんな感じで奥に滝がある。
庭が狭く見える原因がここに見えていて、周りの建物が見えてしまっている。これが圧迫感を与えている。

滝のアップ。
やっぱり隣の建物の壁がなぁ。

まちかどミュージアム(7)2013年11月16日 10時56分57秒

庭の端にある茶室。
その横手にある、えのきの大木は昔の知事公舎の時代からある物らしい。

茶室の小間。いわゆる茶室としてよく知られた間。

こちらはその横にある広間。全然趣が違う。
外国人も多いので、立礼席(りゅうせいせき)形式になっている。

前にある門。「梅見門」(ばいけんもん)というらしい。
茶室の窓から見るこの門の様子には趣があるのだけど、それは次回。

まちかどミュージアム(8)2013年11月17日 08時30分58秒

その茶室の門、「梅見門」。
屋根が苔むして風情がある。

茶室の中から眺めるとこんな感じ。ちょうど着物の人が来て良い写真になった。

外側から見るとこんな感じ。

こちらの外側には建物が(見え)ないので広く見え、圧迫感が少ない。こちらにもマンションがあるはずなのだけど、うまく建ててあるのだろう。

昨日の京都御苑の紅葉の様子2013年11月17日 17時35分12秒

昨日の京都御苑の紅葉の様子を紹介。

まずは烏丸通り挟んで向かいにある府民ホールアルティ。
ちょうど今紹介している庭のある場所。その前の木々はだいぶ色づいてきた。庭もだいぶ彩りが変わってきているかもしれない。

これは御苑西北にある大銀杏。一般公開の時にはまだ青かったのが一気に色づいてきた。御苑内には大銀杏、普通銀杏がいくつもあるが、すべてがこのように色づいているわけではない。まだ青い葉の木もある。

御所東側中央外付近の木々の紅葉。

御所南側にある桜。桜は全体的にもう色づいていて、もう散り始めている。それはそれできれいな葉っぱの絨毯である。

とある場所の真っ赤なもみじ。
下の方は青かったが、上の方にこのような部分があった。
もみじは、全般的にまだ青い。ただここしばらく朝夕は冷え込んできているので、一気に色づくかもしれない。

小川縁にあるドウダンツツジ。真っ赤。

御所南にある別の桜。やっぱりきれい。

という感じで、昨日はまだ紅葉狩りには早い感じだった。でも京都は観光シーズンで、御苑内も、何もない日であるにもかかわらず人は多かった。

例年より少し遅いか、とほぼ同じになるかという感じ。写真で見ると、去年は22日にはもう真っ赤になっていた。
今週末辺りからが見事になるか、どうか。

まちかどミュージアム(9)2013年11月19日 00時34分11秒

梅見門から出て、その先から庭を見る。

池には鯉がいる。

今度は建物の中にある障子窓から見る。一番奥に見えるのが茶室。
三角ポールがあるのが残念。

庭に出る扉の前にあるのがこの・・・吹き抜け?

左下に見えるのがこの几帳。この絵柄、古い切手にあったような。持ってた様な気もするけど、今はどこだろう?

というところで、府庁公舎編終わり。
(C)おたくら編集局