西山天王山スタンプラリーハイキング(9)2013年12月29日 19時47分55秒

次の目的地は観音寺。と言われてもぴんと来ない人がいるかもしれない。私もわからなかったが、「山﨑聖天」と言えばわかるかもしれない。大山崎駅から天王山方面に向かって、最初に見える大きなお寺だ。

と、その前に、行く途中の道の脇で見つけた小さな秋。

山﨑聖天に行くには急な階段もしくは坂を上る必要があるが、その行き道にはいくつかある。ところがその1つは非常に狭い上に、地元の野球部が訓練に使っていたので、この階段を上ることになった。と言うか、これがおそらく正式な、正面参道である。

階段を上った先には、仁王像がにらみをきかせる山門がある。
雨がぽつぽつ来たので、水滴の影が中央などに付いている。

境内は広い。

境内の脇から外に出ると、坂道コースがあるのだが、そこに大きな銀杏の木がある。もう散ってしまっていたが、紅葉の盛りの時期には、見事に黄色に染まる。17~8年前にここに来た時にそれを見たのが思い出された。

実はこの下にももう1本あってそこはまだ黄色い絨毯で覆われていたが、立ち入り禁止なので、写真はなし。

(C)おたくら編集局