養父忘年会旅行(13)2014年01月15日 07時30分17秒

山間の日の出は遅い。前にも書いたとおり、明るくなるのは早いけど、実際に太陽が見えたのは8:32。


その後1分くらいで一気に日が出てきた。日が出る瞬間には逆に影になって暗くなるのね。

宿の前景。すでに角松があった。

建物前にある木はこの様子。樹氷・・・とは違うのか。

養父忘年会旅行(14)2014年01月15日 23時49分33秒

養父を出発し、まず向かうは「竹田城跡」。最近GoogleのCM(たぶん関西のみ)やその他諸々で有名になった、雲に浮かぶ城に見えることがあると言うところ。実は養父の隣の市、朝来市にある。

この日は前日と打って変わって快晴だったので、雲に浮かぶ城は見られなかったが、逆に遠くからその位置を確認することが出来た。
先に出した写真のように、山の頂上より低くたなびく雲がかかれば浮かんでいるように見えるだろう。

もう少し広く見るとこんな感じの場所。
雲に浮かぶ城の写真は、たいてい城を斜め下に見ているように写されている。と言うことは、当然こんな麓からではなく、周りに見えるいくつかの山の頂上から望遠で撮影しているのだろう。それがどこか、竹田城そのもの登ってはみたいが、その山を探して登るのも一興である。

城付近をアップでパノラマにした。
小さく人が写っている。
我々は、雪もあるし、なんか登山道が工事で一部封鎖されているようなので止めたのだが、それほど苦もなく上がれたのかもしれない。まあ、次回にチャレンジというところである。

(C)おたくら編集局