呉~松山~しまなみ海道~尾道旅行(5)2014年05月08日 06時55分46秒

それでは大和の写真いっぱい。

ここの展示物は、特別展を除き、基本撮影自由である。極めて太っ腹。隣のてつのくじら館もそうであった。まあ、鉄のものはフラッシュとか当てても劣化しないからかもしれないけど。





建物は3階建てで、大和や先の零戦の場所は吹き抜けで上から見ることができる=上に行くほど全景が見えるようになる。

1/10サイズだけど、写真ではその大きさがわかりにくい。でも、人の大きさと比べるとわかると思う。
↑前から、↓後ろから。

でも念のため実物大のも出しておこう。2006年の「男たちのヤマト」のセット模型1:1。
いや、さすがに本物スケールはでかい。細部を見ると模型と違うところがあるね。まあ、やまとも何度も偽装を変更されているだろうし、そもそも設計図も残されていないのだから致し方ないところ。

しかし、模型といえども甲板の板の貼り方なども実物を忠実に再現しているのだそうな。微妙な角度なども。ただし、素材は本物と同じのを使うとこのサイズではうまくいかないらしいので、らしく見える別の素材に変えたとか。そこまで考えて作られているのがすごい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2014/05/08/7305210/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局