呉~松山~しまなみ海道~尾道旅行(19)2014年05月22日 06時29分46秒

今治駅からしまなみ海道起点となる「糸山サイクリングセンター」に向かう。バスがない時間だったのでタクシーで行くが、思いの外遠かった。JRで一駅以上あるからなぁ。

糸山サイクリングセンターは正式名称は今治市サイクリングターミナル「サンライズ糸山」で、しまなみ海道を渡る人に自転車を貸している。
実は宿泊もできるのだが、3月の時点ですでにいっぱいだった。部屋数が少ないのかもしれない。なので、あまりここを拠点にというのは考えないほうが良かろう。

受付で登録する。すでに事前予約は入れてあるので、書類に書き込み、料金を支払うだけ。乗り捨ても可能なので、前払い(もし借りた場所に戻ってきたら、保証金は戻ってくる)。

しまなみ海道の橋の通行料も、ここで「しまなみサイクリングクーポン」を買うとで大幅に安くなるらしい。実に半額で全橋を渡る分の券が付いている。しかも施設での割引クーポンも付いている。250円。
あとからわかるけど、割引クーポンも尾道も含めてなかなかに使えるので、絶対お得。
(注;一応期間限定のようである。延長されるかもしれないけど。)

サイクリングマップももらう。これもとても役に立つ、というか、後でわかるけど正しいルートをたどるには必須。
この絵では子供連れで行こうとしてるけど、1つ2つの橋を渡るなら行けるかもしれないけど、全線走破は絶対無理なので注意。それも後でわかったことだけど。

施設前では自転車の調整をちゃんとしてくれる。ヘルメットは無料で貸してくれる。
今回は荷物の加減もあって前かごに後ろに荷台もあるママチャリを選択。3段変速付き。
後から考えるとこの選択は正しいとはいえなかったのかもしれないが、この時点ではそれはわからなかった。
荷台に荷物をつける紐は持参してきた。
雨が振りそうなので荷物を覆う袋や、かっぱも準備。

センターの中から最初の橋、来島大橋がよく見える。否が応にも期待が盛り上がる。

リュックの紐が車輪に巻き込まれそうだとか、思いのほか早く雨がぱらついてきたとか、椅子が低いとか色々調整に手間取って15分ほどかかってようやく出発。
尾道まではちょうどちょうど70キロ。はてさてどうなりますことやら。

(C)おたくら編集局