呉~松山~しまなみ海道~尾道旅行(22)2014年05月25日 07時13分24秒

来島海峡大橋を渡り切ると、すぐ休憩所があった。トイレと自販機があったか(橋の途中にはない)。
そこからの眺め。木が多いのであまり見えないけど。

しまなみ海道を走っているとよく分かるのが、植生が京都や大阪とだいぶ異なるということ。花の種類が多いし、季節が少し遅い。私のように雑草の花を探すのが好きな人にはなかなかに面白いコースといえよう。これは休憩所を出てすぐにあった花。

こちらは休憩所の中にあった雑草。
これも。カラスノエンドウのような気もするけど、ちょっと違う気もする。

そして、途中で眼下に見えていた紫の花の正体がこれ。色は似てるけど藤ではない。なんだろう、初めて見た。数多いというわけでもないが、しまなみ海道のあちこちで見かけた。

大橋を降りると一気に下り、海岸沿いに出る。右奥に見えるのが降りてくる道。
橋から先は自転車道は高速道路を外れ普通の道路を走る。
ちゃんとサイクリングロードとして整備されており、色付けもされている。その線に従っていけば、基本地図なしでも迷わない、筈ではある。
しかし、急に曲がったりするところもあるので、ただ単に海岸沿いだと思って走っていると外れてしまうので要注意(迷ったこと数回^_^;)。
ただし、この大島に関して言えば、自動車道と自転車道はそれほど大きくは離れていない。

ここでは八重桜がまだ咲いていた。

公園で来島海峡大橋を振り返る。

この公園にはきれいな藤棚があった。あとで分かるだが、尾道の藤棚はもう花がなかったから、先の八重桜といい、この辺りの季節は少し遅目な気がする。

左手に八重桜が見えるが、風が吹くとその花びらが藤の花の前に舞って、それはそれはきれいな光景だった。
写真ではわかりにくいかもしれないが、花びらがはっきり写っているところからも、いかにたくさん待っていたかがわかると思う。こういう時は動画がいいなと思ったり。そういえばD90は動画撮影できたんだよなぁ。忘れてた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2014/05/25/7321113/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局