呉~松山~しまなみ海道~尾道旅行(32)2014年06月04日 06時53分59秒

大山祇神社のすぐ近くに藤棚がきれいなところがあった。名前を写真に取るの忘れた。なかったかもしれないけど。地図を見ても書いてない。

再び峠を登って多々羅しまなみ公園まで戻り、更にちょっと行き過ぎて多々羅大橋を渡る。
この橋に入るにも坂道を登るのだが、先の山道往復が効いていて、もう足がかなり辛い。

その坂道の途中にヘリがあった。海上自衛隊のヘリらしいが、完全に固定されている。なんだろうねぇ。

よく見ると民家らしきものと並んでいる。

地図で見ると「今治市上浦歴史民俗資料館分館ふるさとの家」とある。

ここから後ろを振り返り、多々羅しまなみ公園を見る。
だいぶ高い位置まで上がっているのがわかる。これでもまだ半分なんだけど。

一旦橋の下をくぐって橋に入る。

多々羅大橋は、最初の来島大橋についで2番めに長く1.5キロある。
右手奥に見えているのは古城島だと思われる。

途中、橋の支柱に「鳴き龍」という文字が書いてあった。他には何も書かれておらず、なんのことかわからなかった。今これを書くのに地図を見ていると、なんかそこで手を叩くと共鳴するらしい。急いでいた、というより、疲れていて止まってそれをする余裕がなかった。残念。あまり人が立ち止まると困るのかもしれないけど、もう少しわかりやすう看板を立てておいて欲しかった気が。

これを渡り切ると生口島(いくちじま)に入る。ここからは広島県尾道市になる(今までは愛媛県今治市)。


(C)おたくら編集局