呉~松山~しまなみ海道~尾道旅行(49)2014年06月20日 07時54分17秒

町中では時折、このように写生をする人を見かけた。ここの坂には2~3人の人がいたか。確かに、尾道は絵になる。が、それも写真ではかように今一で、心の目で見て電線やガスメーターを取り除いたり、家並みを整理したりするといっそう趣き深くなると思う。

たとえば、こうして・・・

こう描くとか。
すいません、絵心がない上にツール(ArtRage v4)の使い方もよく理解できてなくて(^_^;)

坂の町なので、家の横の並びを作るには平らにする必要があるわけで、このように立派な石垣が作られているところもある。まるで城のようだ。
これを見てカリオストロを思い出すのは私だけ?

尾道は特徴の多い町だが、猫が多いのもその1つ。町中の多くのところで本猫や置物猫に出会う。本猫は人慣れしていて近づいても逃げない。

ここまで近づいても大丈夫だが、手を出すとさすがに「触るな」という仕草はする。(一応)野良猫と人の間には適切な距離があるのだ。

ほれ、あんな所にも。
猫巡りをするのも面白いかもしれない。1日何匹に出会えるか。

海に近い場所では猫が多い場所もあったりする。♪「お魚くわえたどら猫・・・」があまりに有名なために、魚のある場所に猫ってどうよ、と思うかもしれないけど、私の経験上、魚を食べる(だめにする)のは猫じゃなくてネズミで、ネズミは本当に汚い(通り道は茶色になる)ので衛生面でも、それを追っ払ってくれる猫は、ありがたい存在である。ウサギとの共存は無理だけど。

今年の初百合2014年06月20日 10時01分46秒

少し前からつぼみが膨らみ始めていた百合が、今日初めて花が開いた。

濃いオレンジの花。「セベコデジール」という種類の物だと思う。
去年白馬で買ってきたやつ。

ずいぶんと前(これも2006年だと思う)に白馬で買ってきた百合が、株も増えて毎年夏にきれいに咲いていてくれたのだけど、その株がたくさん植わっているプランターを(馬鹿に)捨てられてしまい一株だけになってしまって寂しかったので、去年再び白馬は岩岳百合園に行って買ってきたのである。

で、今年の初めにそれを植えて、ようやく咲いてくれたと。

百合の花は、つぼみは複数付くけどですべては咲かない。
というか、きれいに咲かすには生育の悪いのは取った方がいいとも効いたような気もするが、ほっておいても途中で成長が止まって落ちる。
植物の世界も生存競争は厳しい。

百合が咲くと初夏という感じがする。朝顔が咲くと盛夏ね。
(C)おたくら編集局