祇園祭2014;後祭(10)2014年08月01日 06時24分52秒

大船鉾。
前祭の時も早朝に各山鉾を回ったけど、そのときは5時半より前でまだ準備が開始されてないところもあった。この日はちょっと遅れて5時半を回り、この写真は6時10分前。実は朝の準備は5時半から始まるらしく、どこも忙しそうに準備されていた。
意外と横幅は狭い、という薄い。

150年ぶりの復帰と言うことで、展示場の階段も含めすべてが真新しい。

ぐるっと一回り。


夜のあの雰囲気はないけど、こんなに近づいてゆっくり見られるのは朝ならでわ。

祇園祭2014;後祭(11)2014年08月02日 16時58分28秒

南観音山。準備真っ最中。

横の垂れ幕も間近に見られた。

北観音山。似てるなぁ。

でも横の幕は違う。

八幡山。これから化粧飾りしまっせ、という感じ。

最後は鈴鹿山。こちらはもう少しか。

ということで、巡行当日の朝の様子であった。
次回からは、49年ぶりに復活した後祭り巡行の様子。

祇園祭2014;後祭巡行(1)2014年08月03日 17時21分11秒

さていよいよ49年ぶりに行われる、京都祇園祭、後祭巡行。

先頭は橋弁慶山。くじ取らずの1番らしい。
後祭りでは京都市役所までにだけ有料観覧席があった。巡行開始の9時半頃にはがらがらだった席も、橋弁慶山が来た10時頃にはご覧の通り満席になった。後祭りは人出が心配されたが、宵山も含め杞憂だったと思う。

有料観覧席では「立つな」「日傘は差すな」が徹底されていて非常によろしかったのだが、報道カメラマンだけはどうにもならない。せっかくの山の前掛けが見えんではないか。

そうそう、この真夏の祭りに赤ちゃんつれて見に来てた家族が居たが、この日は曇りがちで気温的にはまだましだったとはいえ、絶対にやったらだめだと思った。案の定赤ちゃんがぐずりだして、しばらくはあやしていたがそのうち引き上げた。端で見ているこちらの方が心配であったので、引き上げるだけの良心はあったのかと安堵したが、そもそもそれが無理なことだと判断しなかったことが浅はかだ。見たいという気持ちはわからんでもないが、小さな子供連れでの山鉾巡行観覧は無理だと心得られたい。

見てたのは京都市役所前だけど、ここでは山を回転させて全体を見せてくれた。これはちょうど横を向いたとき。

そして横を通って行ったとさ。

2番目は北観音山。こちらもくじ取らずだったような。
さすがにこの大きさの山は回転しまへん。
「するのかな?」と一瞬思ったりもしたけど(^_^;)

それにしても、やっぱり形は「鉾」だよなぁ。山と鉾の違いを調べなきゃ。


祇園祭2014;後祭巡行(2)2014年08月04日 21時14分04秒

3番目は八幡山。ここからくじ改めが始まる。

くじ改めは文箱に入ったくじを市長に見せて、巡行の順番が合っているか確かめる儀式。扇子だけを使ってひもを外して、箱の中をさっと見せ、さらにひもをかける一連の動作が見所。うまくいくと拍手喝采が上がる。
この役には子供や外人さんが当たることもある。

確かめられると、扇子を振って、山鉾に動いてくるように指示する。
遠いのでちょっと小さいけど、左端で扇子を上げているのがそう。ちなみにこの写真は北観音山でのそれ(八幡山での写真がなかったので)。


八幡山も、同じく市役所前で回転。


祇園祭2014;後祭巡行(3)2014年08月05日 06時55分09秒

浄妙山。



鈴鹿山。宵山の時にはえらく質素な飾り付けなのだけど、巡行の時には華麗に変身。


ここで半分。

祇園祭2014;後祭巡行(4)2014年08月06日 06時38分25秒

6番目は南観音山。


揚柳観音を奉っているからか、後ろには柳の木がある。
これ生木だよなぁ。こんな大きい木を切って飾るの大変そうだ。

次は鯉山。

大きな鯉の像が特徴的。
鯉が川をさかのぼり龍門をくぐると竜になる=登竜門という言葉の由来を題材にしている。

横から見るとさらによくわかるかと。

祇園祭2014;後祭巡行(5)2014年08月07日 06時28分59秒

役行者山。

後祭りの山鉾は、去年までの合同巡行でも最後にまとめられていた。山鉾巡行はかなり長い時間がかかるため、最初から見ているとたいてい後祭り分の順後列が来る前に力尽きて帰ってしまい、見るのは初めてである、たぶん。赤ちゃんの話を書いたが、大人だって夏の日向で2時間以上見続けるのは大変な体力消耗であって、後先分かれて巡行列の時間が短くなることはとてもいいことだと思う。



黒主山。

黒主山は2回転してくれた。沿道からは拍手喝采。


次はいよいよ150年ぶりに鉾が復活した大船鉾。

祇園祭2014;後祭巡行(6)2014年08月08日 07時08分13秒

とりは大船鉾。150年ぶりの巡行復帰。
去年は神面を唐櫃に入れての巡航参加があったらしいが、今年からは晴れて山での参加となった。沿道からもひときわ大きな拍手があった。

前の写真でも見たが、さすがに全てが真新しい。


ということで、今回は市役所前の有料観覧席・・・の後ろで見ていたわけだが、この市役所前側より、御池挟んで向かい側(写真の奥に見える紅白の垂れ幕側)の方がよく見えると思う。順後列がわずかに南寄りを行くからだ。あと、辻回しを見るなら、もう少し河原町よりのほうが良いだろう。
ただ、この辺りは観覧席向けの巡航の案内放送も聞けるし、運が良ければ巡航案内書ももらえたりするのでなかなかいい場所ではある。

ということで、今年の後祭りの巡航は終わり。ここで席を立つ人が多かったが、実はこの後花傘巡行というものが来るらしい。これも見るのは初めて。さて、どのようなものやら。

祇園祭2014;後祭巡行(7)2014年08月09日 09時08分07秒

後祭巡行の後には花傘巡行が続いた。

実際には予定より遅れて約20分間が開いた。
そのあたりは人がやることなので仕方なし。
でもこの間に帰った人も多数。

花笠巡行とは、そもそも後祭と前祭が一緒になったとき、後祭の代わりにと始まった物らしい。ということは49年の歴史。

どう言うものかは写真を見てもらえばいいかと。
子供御輿を初め、地元のいろいろな神社や花街の出物が一同そろい踏みという感じ。

ただ、正直に言えば、山鉾巡行の後に見てしまうと「あれ」に思えるかと。
特に、山鉾は動く美術館と言われるほど絢爛豪華でそれぞれの作りも非常にいい。それに比べ、花笠巡行のは花も造花だし、乗り物の装飾もショボい。これだけを見れば感じないのかも知れないけど、何せ山鉾巡行の直後だからなぁ。

難しいよね。

室内のセミ2014年08月10日 19時16分25秒

室内のセミ
2階のベランダに出るとセミが逃げる声がした。

しばらくして1階に降りてみると、なんと室内にセミがいた。

逃げた時に間違って部屋の中に入ってきたのか。

しばらく撮影させてもらったあと木に戻した。

すると、しばらくたってから鳴いてくれた。ちょっとの間だけ。
お礼?

そういうことがあったとある朝。
(C)おたくら編集局