新潟・白馬2014(34)2014年11月01日 08時50分53秒

またきのこ見つけた。きのこ図鑑も欲しいなぁ。いや、持ってるか。今度同定してみよう。
花よりずっと同定は難しそうだけど。

白山女郎花(ハクサンオミナエシ)。
この頃には、傘をさしてもびしょ濡れ状態だった&手がふさがっていると危ないので、
歩いてない時はささない状態。それ程に大雨だった。
カメラは雨がっぱの中。写真を取る時だけ傘をさしてカメラを出して撮影。
でもそんな状況だからそれほど撮影はできないし、したとしても時間はできるだけ短くしないといけないからじっくり構えていられず、このようにほとんどピンボケ。

遠くの山肌には雪渓が見える。霞んでるけどわずかに。
そういえば、今年は栂の木の実がない。毎年この辺りにはあるのだが。これはまたくまが出てきやすいんじゃないだろうか。

写真にはっきり映るほどの雨2。

こんな状況で急いで入り口に向かっているが、靴は完全に底が外れてしまった。
現地では写真が取れなかったので家で撮影したもの。

幸い、このトレッキングシューズは底が外れてもまだ上の部分に底があったので何とか歩くことはできた。でも、底が分厚い分、外れると両足の高さが違うことになり非常に歩きにくい。
ホテルに着くまで、いや、車には替えの靴があるのでそこまでなんとかこの上の底が保ってほしい。完全に穴が空くともう山道は歩けない。

2014/11/12補足
靴底が完全にはがれたのは自然園を出てからだった。でも、このときにほとんどはがれ賭だったのは事実。

コメント

_ いなかじまん ― 2014年11月01日 19時26分49秒

ごぶさたです
必ず更新は見ています
そういえば家にも「きのこ図鑑」ありました
きのことりに行かないものでなにがなにやらさっぱり・・・

_ いなかじまん ― 2014年11月01日 19時26分50秒

ごぶさたです
必ず更新は見ています
そういえば家にも「きのこ図鑑」ありました
きのことりに行かないものでなにがなにやらさっぱり・・・

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2014/11/01/7479714/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局