雪の京都(2)2015年01月07日 21時39分33秒


御所の西南角外にある大きな木。雪が枝についてまるで白い花が満開のようで美しい。

別の角度から見ると青空も入ってなお映える。

この日は無謀にも、御苑を抜けて賀茂川沿いを走って上賀茂神社さんまで自転車で行くつもりだった。
で、ようやく御苑を抜けて出町柳駅前の端を渡るところ。上の写真からもう30分も経っている。普段なら5分で移動出来る距離。もっとも、今回はいろいろ撮影していたと言うこともあるが。

橋の上で無謀なバイクを発見。タイヤが滑りまくってなかなか進まないでいた。まあ、自転車でここまで来ている私に人のこと言えた義理ではないが、バイクの方が転倒時より危なかろうと思った。

ここから川沿いに一端降りたが、そこで羽を広げる川鵜を発見。賀茂川では時々見かける。
1羽だけではなく、複数の川鵜が同じようにしている。しかも一瞬ではなくずっと。
でも何で羽を広げているのだろうか。日光を多く浴びようとしているのだろうか。広げていると寒くないのかな?とも思ったりするが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2015/01/07/7533694/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局