雪の京都(4)2015年01月09日 17時50分01秒

下鴨神社さんのある中州に渡る橋。アスファルト面が全く見えない。京都でここまで雪が残っているのを見たのは初めてかも。同じくらい積雪があっても、道路は雪が融けていることがほとんどだから。

そこから賀茂川の河川敷の道に降りる。ここも全く道がわからない状態。土の面で、前日はその前の日の雪(これも結構な積雪量だった)はもうなく「ここは早く融けるのだろう」と思ってきてみたがさにあらず。
でも降りたからには進めるところまで進んでみようと思う。

川面が凍ってる?凍ってるというか、流れのない部分は表面に雪が積もっている。小規模なのは京都でも見たことがあるけど、これほど広い面積では初めてかも。

対岸には大きな雪だるまが。しかし転がした跡がないので、おそらくは前々日の積雪の時に作った物が残っていたのかと。
これだけでなく、御苑内、川沿い、町中にもあっちこっちで普通の京都では見られないサイズの雪だるまなどがあった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2015/01/09/7534808/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局