またやり直し(訂正)2015年01月23日 11時34分30秒

Windows復旧は、あとはスキャナ関係のドライバーだけと言うところまできてたのに、また起動しなくなってしまいました。

ここではっきりしたこと。
「Paragon NTFS for Mac OS X 12.0にはWindowsを起動できなくするという致命的バグがいるのでインストールしてはいけない。」
Safeモードでの起動すら出来なくなる。
(以前Paragon HFS+ V10.4と書いていたが、こちらは問題なかった。訂正。)

Windows7 Pro 64bitで、今のところ100%再現している。
V11は問題なかった。V11が導入されている環境にV12を入れるという過程に問題があるのかもしれない。

システムに関わる変更をするときはバックアップを取ってからすべきだと痛感しているが、バックアップは遅いのでついつい複数の作業を下後で行う事になってしまい、失敗時の戻りが大きくなる。

今回は、最初はMac上のWincloneを使っていたが、こいつはNTFS上でエラーが1つもない状態でなければならないという致命的欠点を持つため、作業が進むと使えなくなる。

一方、Windows用のバックアップツールはBootcamp環境下では正常動作しない物がほとんど。バックアップを取っても、戻すことが出来ないのだ。そんな中で、今回有償のEaseUS ToDo Backup Workstation版ならLinuxでBootして復元が可能な感じとわかった。Boot出来てキー操作が可能なところまでは確認したが、復元は未検証である。これが使えれば今後非常に楽になるのだが。

バックアップがないと完全に一から再インストールする羽目になるので、Bootcamp上でのバックアップ問題はいずれ完全に解決しておく必要があろう。

ということで、あと半日もすれば復旧と思っていたのがまた何日も掛かりそう。うんざり、げんなり。
(C)おたくら編集局