新潟旅行2015(6)2015年09月03日 07時36分54秒

朝、散歩に出かけるとちょっと離れた場所に2羽の鳥がいた。よく見ると鷲・・・じゃなくて、鳶だ。

鳶がこんな低い場所に止まっていることも珍しいが、それもこんな並んでいるのは初めて見た。
なんか、アメリカの双頭の鷲にも似てる。

歩いて行くと・・・
そう、並んで見えたのは角度の妙で、実際にはこれくらい離れていた。それでも近いと思うけど。

鳶も猛禽類だから、アップで見ると凛々しい立ち姿である。
羽の感じから見て、巣立ったばかりの若い鳥な気がする。

長く撮影していたので、こちらに気がついたのか威嚇してる。それとも「綺麗に撮って!」と言ってるのか。

散歩を続けて戻ってくるとまだいた。真横にスズメが。鳶は猛禽類だけど油揚げを食べるので・・・というのは俗説で、弁当と置いてあるものを持って行かれたりするのだけど、小動物はあまり襲わないのかも。だからこういう姿が見られると。

雀が飛んでいったと思ったら、カラスが近くに来ていた。雀もまだ左手そばにいる。
これぐらい惹かないと3者が映らないのでしかたない。アップにするとわかる。

この2羽はかなり長い間ここに居た。この後別方向に行って戻ってきたらもういなかったが、それでも最低30分はずっといてくれた。

自然の、まさしく「有り」「難い」情景に出会うことが多いのが私の特徴。

その技(?)はこのあと更に活かされるのだけど、それはまた後日。


(C)おたくら編集局