御苑はキノコ盛り2015年09月12日 08時44分50秒

今、京都御苑の中はキノコ盛り。歩いているとあちこちで見かける。

最近多いのがこれ。シメジ似の群生。よく見ると、木の根っこの継ぎ目みたいなところから生えていることが多い。
今一番多く「見える」のはこれ。





これは木の幹に生えている。サルノコシカケの一種か。

ここには3種も写ってる。かさの大きいの、黄色の、さらに手前、木の幹にもある。

これも最初のシメジ似のやつか。

これは成長の過程がよくわかる。丸っこいので土から出てきて傘が開きながら成長していく。

丸くて白い。きれいな傘。

これも似てるけど傘の色が違う。でも、キノコにはすぐに色が変わるものもあるそうだから、同じ種類かもしれない。根元の部分が似てるし。

あまりにあっちこっちにはえていて、しかも大きなものも多いから、食べられると良いんだけど。食費のためにも。Let'sキノコ狩り in 京都御苑!!引率者求む(^_^;)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2015/09/12/7789182/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局