御苑の大きな鳥2015年09月13日 07時53分56秒

御苑を歩いていると、時々「ぎゃあぎゃあ」という、まああまり美しくない鳴き声が聞こえてくることがある。夜や早朝に聞こえてくることが多い。そして、ずっとこの声はカラスの鳴き声(の一種)だと思っていたが、夜間が多いということもあって、ついぞその姿を見ることは出来なかった。

先日朝散歩をしていると、すぐ近くからその声が聞こえてきた。その方向を見ると御所内の高い木のてっぺんにこの姿があった。
サギの一種だと思われる。あの鳴き声の主がこんな鳥だったとは、驚き。
それにしても、離れた場所からこの大きさに見えるのだからかなり大きいと思うのだけど、こんな木の細いてっぺんにとまれるもんか。

御苑内で見かけるサギ系の鳥はこんなのもいる。
時々御苑内の木立の中にいる。つがいかもしれない2羽でいるのを見たこともある。

こちらはまた別の種類。時々通路にいる。高さは1mはあると思う。

人からえさをもらっていることさえある。

このほか、ゴイサギもいるのだけど、写真がみつからなかった。写したことはあるような気がするのだけど。こちらは鴨川で見た「ゴイサギ」似のサギ。ゴイサギの姿はこんな感じで肩をすぼめたような感じ。
これか?
これは府立植物園にて。

おまけで鴨川にいた白鷺の一種。
いっぱいいる。実は種類が違うけど。

こういう写真を引っ張り出してくるときには、いつも記憶だけを頼りにするので時間がかかったり見つからないこともある。Picasaのアルバム機能使って分別をしていくかなぁ。10万枚くらいあるから、ものすごい時間がかかりそうだけど。
(C)おたくら編集局