時代祭2015(5)2015年10月27日 08時06分26秒

藤原時代。摂政藤原氏が権勢を誇った時代。時代祭の中では平安時代とは言わない。
この時代は公家の時代なので、そういう衣装。

巴御前。木曽義仲の側室。正室じゃなかったのね。

清少納言と紫式部。枕草子と源氏物語の作者。
源氏物語は英訳もされて世界的に有名な本らしいが、日本人で読んだことがある人はどれくらいいるのだろうか。長いので学校で読むとかは無理だろうけど、特 に京都に来るなら、一度は読んだ方が良いかと。地名や行事がいろいろ出てくるので。葵祭とか長谷寺(これは奈良だけど)などなど。現代訳本はいろいろある けど、簡単に読むなら大和和紀さんの漫画「あさきゆめみし」が良いかと。私は与謝野晶子版も読んだけど。

常磐御前、和気広虫(御苑隣にある護王神社さんの祭神)、百済王明信などが続く。この方は台座にのっての行列だけど、歴史的にはあまり有名ではないと思う。時代祭の行列に出てくる人は、必ずしも歴史的に有名だとは限らない。京都の歴史上重要だとか、そういう面もある。

この後に武者列がまた続いたのだけど、どういう由来だったかは失念。

時代行列最後は殿上するときの衣装。位によって着る色が決まっていたのだそうで。紫が最上位。以下続く。




ということで、時代行列はここまで。この後、時代祭の本来の意味、御祭神の行列が続く。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2015/10/27/7870916/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局