時代祭2015(6)2015年10月27日 08時40分38秒

時代列は時々止まることがある。御苑から出て行くと信号を待つこともあるかららしい。
行列の進む道は当然車は通行止めになるが、交わる道はそうはいかない。なので、その通行を待つことがあるからである。結構長い間止まっていたような気がしたが、写真で確認すると10分も止まってない。
でも、こういうのがあるので結局2時間近くになる。
止まりがなくなれば30分ほど短くなるかも

続くは神饌講社。「神饌」;すなわち神様に捧げる食事を作る者。京都府の料理組合がつとめていたと思う。

向こう側には朝に平安神宮から来た鳳輦が見えてきた。

でもその前に「前列」。榊を持った神職とそれを警備する人たち。
時代祭が始まった頃からの警備役だそう。もちろん今は刀とかは飾りだろうけど。

雅楽の演奏。

いよいよ御鳳輦の移動。桓武天皇と孝明天皇をお祭りしているので鳳輦も2体ある。



写真が多いので、あと1回。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2015/10/27/7870924/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局