伊勢・志摩旅行(26)2016年03月07日 12時04分08秒

しゃぶしゃぶ本番?
肉食べるのは年に何度もないので、堪能しておかねば。

伊勢海老の刺し身には金箔が施されていた。
光の加減でちょっとわかりにくいけど、確かにある。
ちなみに金箔は、味には一切影響を及ぼさないのだそうで。なにせ一番安定した金属だから。まあ、人は見た目でも食事を楽しむわけだから、そういう意味では影響ありかも。

蓋物。という割に蓋はない。
車海老黄身どり。海老芋オランダ煮、南京含め煮、梅花人参、若竹麸、うすい豆。
オランダ煮。というのは、食材を油であげるか炒めた後、醤油・みりん・日本酒・だしなどで作るに実に唐辛子加えて似た料理だそうで。かぼちゃの奥にある団子のようなのがそれかな。

蒸し物。こちらのほうが蓋がある。
中はとらふぐの茶碗蒸し、柚子餡掛け。
味は覚えてまへん。美味しかったはず。まずけりゃ覚えてるから。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/03/07/8041303/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局