しまなみ海道3「魂は燃えているか」(49)2016年05月29日 07時08分38秒

散歩している人が居る。散歩と言うよりウォーキングといった方がいいのか。
おそらく、定期的にこの島に渡ってきて島1周をしているのだろう。
歩けば2時間はかかるのではなかろうか。アップ・ダウンもあるし、これは良い運動になる。いいねぇ。

島全体が要塞であった痕跡があちこちにある。ここらは砲台。


「ねぇ、餌はくれないの?」

こちらも砲台跡。




「ねぇねぇ、餌を待ってるんだけど」
「うたぎ」「うさた」はあちこちにいる。

北側・東側は木が多く海は殆ど見えないけど、ごく僅かに見える場所がある。
北から東側に移り南下し始めてちょっとの場所。この辺りが最高地点。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/05/28/8097412/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局