平安神宮神苑無料公開(後編)2016年06月05日 05時06分49秒

中神苑。

ここも睡蓮が咲いていた。
カキツバタもあるそうだが、もう終わっていた。

池の中には飛び石がある。臥竜橋というらしい。
一方通行にして欲しいところだが、なってないのですれ違いがなかなかにスリリングであった。


園となりは東神苑。一番大きな庭。中神苑と繋がる池の中には橋殿がある。
この角度、桜の季節には綺麗だろう。

左手が橋殿「泰平閣」、右手が尚美館。この日は何やら行われていた。結婚式かもしれない。
この写真でも分かる通り、この日は全く雲1つない快晴。実はメインカメラをD90からD7100に変更したのだけど、D7100はNikonらしくなく記憶色補正がある(特に緑がきつくなる)のだけど、この青空はほぼこのまま。京都ではめったに無い青い空。

泰平閣を真横から見る。

渡りきって反対側から。こちら側からの方が近くに見える。

ということで1周。
それにしても綺麗な青空だ。

最後にちょっと尾籠な話を。1周には1時間半ほどかかったのだけど、その内30分位はトイレにこもっていたような。実は行きの自転車に乗っている時からお腹が痛くなって、入場前にまず1回、入ってからも4回ほどトイレに駆け込んだ。神苑はかなり広く、「トイレなかったらどうしよう?」と思っていたのだけど、2箇所ほどあって助かった。特に東神苑横のトイレがなかったら大変なことになっていた。合掌。
ちなみに、平安神宮門入ってすぐ左手にあるトイレは紙がないが、新園内はある。そこが普段有料と無料の違い。ただ、どこも大のほうがに狭いんよね。扉の開け閉めに苦労した。あまり急いでいるときは危険なので余裕を持って入ろう(^_^;)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/06/04/8102041/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局