しまなみ海道3「魂は燃えているか」(91)2016年07月11日 05時56分37秒

大久野島

南と西は平坦。

ちょっとだけ海沿い。



北と東はきつい坂の登り降り。

でも距離は短いので変速さえあればなんとかなる。

しかし問題は、うさぎがあちこちにいてその都度止まる=坂の途中で止まると再開がしんどいこと。
それなりの脚力が要求されるかも。
うさぎたちにのいてもらって走り出す勇気というか精神力も必要(^_^;)

あぁぁ、至上の喜び(*^_^*)。

坂を登り切ったら後は下ってまた海岸沿いへ。


ここはウサギ天国なので、とにかくウサギを見て癒やされたいならここへ。

ここだけ行くなら、しまなみ海道からより忠海から行くのが正解。船の本数多いし。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/07/10/8128788/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局