京都御所通期一般公開(3)2016年08月03日 06時21分34秒

紫宸殿の前。いつもなら入り口は右手なのだけど、今はこの正面すぐ横。

清涼殿。前にある呉竹が特徴。
「なんて素敵にジャパネスク」(氷室冴子/山内直美)という漫画を読んでるとよく出てくる。いや、平時代物を読むとよく出てくるとは思うのだけど。もっと大きなものを想像していたけど、実際見るとこじんまりとしていて驚いた記憶が。

ここはどこだったろう?「宣陽殿」?
この角度からしか見えない。

今の一般公開では展示物は殆ど無く、また扉も開いて入るがガラス戸が入っている部分がほとんど。なので奥の襖絵も、ガラスが光って見えにくい。少なくとも写真撮影は無理に近い。そんな中で、ごく僅かにガラスがない部分があって、絵を見ることが出来た。

春・秋の一般公開では人が多すぎてゆっくり見られないけど、今はそれができるのでどうぞ。
まあ、横手で一部は戸で隠れてて全てが見える場所はないのだけど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/08/03/8144993/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局